犬の健康食・手作りご飯

 犬の健康食・手作りご飯では、犬の飼育係の作る、室内犬と屋外で飼っている犬の為の、愛情たっぷり☆手作りご飯を紹介します。最初はドッグフードを食べていたのに、どうして手作りご飯を作るようになったのか。? それは、屋外で飼っている犬の皮膚炎から始まりました。。ゴールデンに多い膿皮症です。

 皮膚炎は2才くらいに初めて出ました。病院へ行ってお薬を貰い、飲めば数日〜1週間程で治ります。最初は春だけだった皮膚炎が、次の年は春と秋になり、そのまた次の年は春と夏と秋と冬…という具合に、年々発症の頻度が多くなりました。

 痒さから体を噛んでしまうので(お尻や腿のあたり)、見ているこっちも、可愛そうで辛かったです。ちゃんと薬を飲んでいるのに、何故? 年々、ひどくなる一方じゃない?そう思いましたよ。そこで、根本的に治す方法はないのかっ。? と思って、始めたのが手作りご飯です。

 最初は試行錯誤でした。不安もいっぱいありました。病院で聞いても「手作りご飯はダメ」のようにしか言ってもらえませんでした。でも、今では手作りご飯にして、本当に良かったと思っています。経済的にはかなりのウエイトを占めますが…

 これが本日の材料です。左写真がリンゴ、マイタケ、アスパラガス、人参、インゲン、チンゲン菜、ごぼう、レンコン、もやし。野菜はミキサーでミ〜ンしてドロドロにします。ミキサーが我が家では重宝しています。野菜を細かく切ったり、煮たりと、今までに方法を変えてみたりもしましたが、やはりミキサーが1番楽でした。

生食であげた方

 その都度、生食であげた方が、栄養的にもいいですし、体調によって野菜に火を入れたりする時でも、簡単にフライパンで加熱できますしね。右写真は、玄米に古代米を少し加え、フライパンで炒ってから、ミルサーで粉にしたものに、水を3〜4倍入れてたいたものです。それに豆腐と、今日は鶏ムネ肉です。肉は体温程度になるように、軽くフライパンで表面に火を加えています。

 以上を器に入れ、夜ご飯にはオリーブオイルを大さじ1杯程加えます。また、必要に応じてビタミンCやEを追加します。そして、大事なカルシウム源として、卵の殻の粉末を入れます。朝ご飯には、リンゴ酢を大さじ1杯程加えます。これで完成です。見た目はけっこう地味ですが、栄養満点。愛情一杯。。のご飯です。ちなみに、これは冬のご飯の1例です。少し身体を温めるため、鶏を使っています。

 お肉には、鶏の他に、豚、牛、ラム、馬を使いますが、その時々の体調から、どの肉にするのかを決めています。肉質以外には、豆類、キノコ類、魚(鮭が多い)、カボチャ、大根、カリフラワー、おかひじき、ごぼう、アルファルファ、アボカド、ゴーヤ、チンゲンサイ、アスパラガス、おくら、豆腐、納豆、卵、玄米、古代米・・あたりが、けっこう使う食材です。

 室内犬と屋外で飼っている犬は漢方で言うところの『気と陰』が少し不足しがちです。最近は、けっこう東洋医学的な物の考え方をしていて、これがとても健康に役立っていると思っています。(役立っている・・・と思わないと、毎日手間ヒマかけられません。その時々の体調で食材を決められるのが、1番の利点だと思います。

陰を足す食材

 陰を足す食材とか、脾にいいものとか、ベロの色や脈も判断基準になっているので、細かくやろうと思えば、その日ごとに食材が変わってきます。また、屋外で飼っている犬が皮膚炎全盛期には知らなかった事ですが、東洋医学的にみると、皮膚炎が起きている状態は、身体が『陽』の状態という事で、ドッグフードは非常に『陽』の食べ物であり、また、ステロイドなども、まさに『陽』のものです。

 身体が『陽』の時に『陽』のものを与えると、熱を冷ましたい時に身体が温まるものを与えるようなもので、症状はひどくなる・・という事です。ステロイドはお薬なので、一時的にはちゃんと効きます。でも、皮膚炎は年々ひどくなりました。今考えれば、納得のいく事です。そんなこんなで、私は毎日手作りご飯に精を出してるわけですが、その甲斐あってか、今では犬の皮膚炎も、ほとんど出なくなりました。

 室内犬14才の誕生日を記念し、『シェルティ犬カール&セラ』の“お誕生日用ケーキ”を見て)、ご飯をアレンジして作ってみました。茹でた豚肉を皿に乗せ、ドロドロ野菜スープをかけます。豆腐を乗せ、周りにパイナップル、スイカを盛り付け、豆腐の上にダシ汁でのばしたマッシュポテトを絞り、オリーブオイルをかけました。室内犬も屋外で飼っている犬も、モリモリ食べてくれました。

 さらにおまけ。屋外で飼っている犬と同じような、皮膚炎を起こしやすい子の参考になればと思い、アレルギーや皮膚炎のための、『陰』の食材をご紹介します。夏の暑い時にも、身体を冷やしてくれる食材です。ドッグフードを食べている子でも『とてもじゃないけど手作りご飯はムリ』という人でも、フードに足してあげるといいと思います。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります

犬と海-楽しい飼育HOME|イメージ画像
犬と海-楽しい飼育HOME|その2
犬と海-楽しい飼育HOME|その3
犬と海-楽しい飼育HOME|その4
犬と海-楽しい飼育HOME|その5