英語の名言に励まされ2

英語の名言に励まされ2…"In the middle of difficulty, lies opportunity."「困難の中に、チャンスがある。」というアインシュタイン・英語・名言を心に刻みながら、3時間かかってもわからなかった、ほんの3行の英文。レタリックでfutonという単語がありました。

レタリックになっている時点でおかしいと思うのが普通だと思いますが、英語の勉強など全くしてこなかったので、気がつきません。そしてfutonを辞書で調べるも載っておらず、前後の文章から類推しようとしてもわからず。困り果てて、英文の和訳をみてみると「布団」です。情けなくて泣きそうになりました。

両親は働きに出ており、弟は学校なので、昼間は僕一人です。弟と二人の部屋で、兄弟の学習机を並べてありましたが、結局1度も使わないまま、コタツを机代わりにして英語の勉強ばかりをしていました。本当は選択教科の日本史や古文なども勉強しなければいけなかったのでしょうが、配点が200点あるということばかりが気になって英語の勉強以外は手がつけられませんでした。宅浪の難しさです。しかし、この英語・勉強も最初のうちはただ、写すだけなので、集中していなくても出来ましたが、2回目からは一応頭を使うようになってきたので、集中しないとまるで意味がありません。

そこで昼間は子供の遊ぶ声などが気になって集中しにくかったので、昼夜逆転の生活リズムに変えるようにしました。これは非常に功を奏し、英語・学習も集中力を持って出来るようになりました。そして2度目の参考書丸写しが終了。試験に出る英単語や英熟語もぼちぼちと覚え始めていた頃で、予備校の夏期講習に行かせてほしいと親に頼み、行けることになりました。

春から頑張ってきた英語・勉強の成果が試される、また同じ受験生同士で何か情報が得られるかもと思いながら夏期講習に行きました。夏期講習では毎日、授業の終わりにテストがあり、毎回点数ごとに挙手するという方法でどれぐらいの点数に何名くらいいるのかがわかります。

初日の英語の小テストの結果、僕の点数は最下位グループにいました。自分としては生まれて初めて真剣に勉強した4ヶ月間の努力がムダだったんだと言われたようなショックを受けました。今はわかります、英語・勉強は蓄積が大事で、この頃はまだ一定のレベルに達する前だったんだと。しかし、非常に苦しい気持ちになりました。

魅惑メールは嫌いダー

 基本的に、というか誰でも同じでしょうが、迷惑メール(スパムメール)は大嫌いです。もっと正当な方法により顧客管理をして欲しいと、メールが届くたびに思います。どうしてこんなにも幼稚な方法を思いつくのでしょうか? 文章自体も信用性のない文面ばかりだし…↓私に届いたメールをネットを利用して翻訳してみました。

 私は、このお金の50%があなたが基金の目移しに提供する外国口座の支給に関してあなたのために外国人のパートナーとしてものになるのに同意します、そして、50%は私と私のFamilyのためにものになるでしょう。

 私はリスクフリー取引のために必ずあなたとの取引がリスクフリーであり、転送のためにすべての必要な手配をしたとき、あなたがどんな怖い原子も楽しませるべきでないのに気付いている、また、あなたに特定の100%に完全なAssuranceを持って来るつもりです。

 顧客が外国人であったという事実によってこのビジネスにおける、親類における次としての外国人の要求は引き起こされます、そして、ここの私のCountryブルキナファソからのおよそ1つは基金を要求するために近親者の候補に立つことができません…このような話←があるわけがないですよね、本気にしないようにしましょう。

「旅行に行きたいわ」となります

 つなげると「旅行に行きたいわ」となります。本来タイトルはご自身(飛ばし屋さん)が悩んで決めるものですが、今回は「運送業者さん」に決めてください。将来的にタイトルはいつでも変更できますし、それなりに研究すれば、なぜこのタイトルに決めたのか、ご理解いただけると思います。ですが、現状で言えば時間が有りません。

 アクセスが集まるようになってから、ゆっくりとお考えください。以上3箇所のタグを書き換えてください。書き換えが終わったらメッセージを送ってください。次の段階に移ります。話は変わりますが、この方↓、現状で月間10,000円以上の未確定報酬が発生しているらしい。飛ばし屋さんの場合もすぐに結果が付いてきますよ。

 仕事関係からのリンクを頂くのは止めた方が良いですよ。まずは自力で集客できるホームページを作ってからのほうが得策です。「私のサイト毎日○○○人ほどアクセスがあるんだ。だけど、ホテルに関係する記事が無いから君のホテルを紹介したから」と言った方が、相手からのリンクが容易くいただけます。しかも感謝されながらリンクを張ってくれます。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります

犬と海-楽しい飼育HOME|イメージ画像
犬と海-楽しい飼育HOME|その2
犬と海-楽しい飼育HOME|その3
犬と海-楽しい飼育HOME|その4
犬と海-楽しい飼育HOME|その5