旅行代理店・旅行業界の今後

旅行代理店・旅行業界の今後…先日、仲の良いお客さんから電話をもらって国内・航空券・予約と国内・ホテル予約の手配を頂きました。いつも航空券とホテルクーポンを持って行った時に入金をもらうパターンになっているので、準備して持っていってきました。

この人が年寄りの医学博士で、ブラックな冗談の好きなので誤解を受けることが多いのですが、いつも非常に考えさせられることを話してくれるので、行くと楽しいお客さんです。このお客さん曰く、旅行会社はもうあかんやろ、中間でマージンをとる仕事はインターネットの出現でもうダメになる、ワシらのような年寄りはインターネットで買物をすることはないが、そんな年寄りがみんな死んだら、君らのところのような仕事は終わりや、と。

あまりのわかりやすい意見に膝を叩きたくなりました。そして、旅行会社は現在のように、国内ツアー・予約や海外ツアー・予約、また海外・格安航空券・予約など旅行会社として当たり前のものばかりを扱っていたらダメだから、旅行の周辺にある仕事ともコラボしなければいけないと、現状の分析だけでなく、今後の打開する方向性まで話してくれました。

私も同じことを考えていたので、今回頂いた国内航空券やホテルクーポンそっちのけでいろいろと議論していました。結局、業界の今後などという大きな単位で考えるよりも自分の会社、また自分自身がどのようにすればいいのかということになるということになり、これについて、僕の中での結論はインターネットの中で売上を伸ばすこと、口コミでお客さんを増やすことしかないということで議論は終わりました。

結局、季節のおすすめ旅行先などを時に応じて紹介することや国内旅行や海外旅行でお得なプランがあった時に紹介していくなどの方向性で行こうということで医学博士との営業会議は終わりました。この博士はお金持ちで高速バス・予約など乗ったことがないと言われてたことの方が印象に残りました。

魅惑メールは嫌いダー

 基本的に、というか誰でも同じでしょうが、迷惑メール(スパムメール)は大嫌いです。もっと正当な方法により顧客管理をして欲しいと、メールが届くたびに思います。どうしてこんなにも幼稚な方法を思いつくのでしょうか? 文章自体も信用性のない文面ばかりだし…↓私に届いたメールをネットを利用して翻訳してみました。

 私は、このお金の50%があなたが基金の目移しに提供する外国口座の支給に関してあなたのために外国人のパートナーとしてものになるのに同意します、そして、50%は私と私のFamilyのためにものになるでしょう。

 私はリスクフリー取引のために必ずあなたとの取引がリスクフリーであり、転送のためにすべての必要な手配をしたとき、あなたがどんな怖い原子も楽しませるべきでないのに気付いている、また、あなたに特定の100%に完全なAssuranceを持って来るつもりです。

 顧客が外国人であったという事実によってこのビジネスにおける、親類における次としての外国人の要求は引き起こされます、そして、ここの私のCountryブルキナファソからのおよそ1つは基金を要求するために近親者の候補に立つことができません…このような話←があるわけがないですよね、本気にしないようにしましょう。

「旅行に行きたいわ」となります

 つなげると「旅行に行きたいわ」となります。本来タイトルはご自身(飛ばし屋さん)が悩んで決めるものですが、今回は「運送業者さん」に決めてください。将来的にタイトルはいつでも変更できますし、それなりに研究すれば、なぜこのタイトルに決めたのか、ご理解いただけると思います。ですが、現状で言えば時間が有りません。

 アクセスが集まるようになってから、ゆっくりとお考えください。以上3箇所のタグを書き換えてください。書き換えが終わったらメッセージを送ってください。次の段階に移ります。話は変わりますが、この方↓、現状で月間10,000円以上の未確定報酬が発生しているらしい。飛ばし屋さんの場合もすぐに結果が付いてきますよ。

 仕事関係からのリンクを頂くのは止めた方が良いですよ。まずは自力で集客できるホームページを作ってからのほうが得策です。「私のサイト毎日○○○人ほどアクセスがあるんだ。だけど、ホテルに関係する記事が無いから君のホテルを紹介したから」と言った方が、相手からのリンクが容易くいただけます。しかも感謝されながらリンクを張ってくれます。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります

犬と海-楽しい飼育HOME|イメージ画像
犬と海-楽しい飼育HOME|その2
犬と海-楽しい飼育HOME|その3
犬と海-楽しい飼育HOME|その4
犬と海-楽しい飼育HOME|その5